MTB選びのポイント

マウンテンバイク(MTB)

マウンテンバイクの魅力

自転車で走れなさそうな所でもマウンテンバイクであればガンガン走れます。そういった場所を走るのであれば何かトラブルもありますが、それをふくめて楽しめるのがMTB

自転車とは思えない高い走破性

岩がゴロゴロ、道がドロドロどんな状況でも走破できる! 

マウンテンバイクで岩のトレイルを走破

マウンテンバイクはその名の通り山道を走るための自転車。舗装されていない道や山のトレイルなどオフロードをいかにして走り抜けるかその目的をもとに作られています。たとえ岩がゴロゴロしていようと道がぬかるんでいてもどんな状況でも走破可能。
その走破性は町乗りでも活躍。段差や荒れた路面でも快適に走行できます。クロスやロードに比べるとスピードを出すという部分はちょっと大変ですが、それでもシティサイクルよいも軽快。
なお登山道を走るときは、しっかりルールを守る必要はあります。

常設コースでMTBを楽しむ

マウンテンバイクレース

山で走るにはいろいろ気を付けなければいけません。山といっても個人の持ち物だったりするので勝手に走るわけにもいけませんし、登山道であれば登山客もいるのでマナーやルールをしっかり守る必要があります。
夏場であればスキー場にダウンヒルの常設コースが設置され楽しめたり、マウンテンバイクのツアーがあったりするのでそういった物を利用すれば気兼ねなくMTBを楽しんでいただけると思います。
また、マウンテンバイクでもレースやイベントなど開催されいるのでそれに参加するのよいかもしれません。

MTBでトレイルライドを楽しもう!

マウンテンバイクの特徴

マウンテンバイクも走る場所や乗り方によって選ぶべきモデルがいろいろあります。それぞれ特徴があるのでご紹介します。

サスペンションはマウンテンバイクの命!

サスペンションは欠かせない。

サスペンションがなぜマウンテンバイクに必要なのか。オフロードでは段差がいたるところにあります。その段差でタイヤ地面から浮いてしまうと、ハンドルをきることも、ブレーキを効かすことも出来なくなってしまします。サスペンションは荒れた道でもできるだけタイヤを地面に接地させるためにあるのです。ただ衝撃を吸収するためだけにあるのではありません。本格的にMTBを楽しむのであればいいサスペンションがついているモデルを選ぶましょう。

フロントサスペンションについて

MTB フロントサスペンション

マウンテンバイクのモデルでの違いでは、フロントサスペンションの能力にも差があります。
よいMTBには軽かったりや細かい設定にたけているサスペンションがついてます。
例えば、登り等でサスペンションが動かないようロックアウト機能がついていたり、サスペンションの沈み込むとき、そこから戻るときのスピード調整ができたり、登りが多いのか段差が細かいのか大きい段差があるのか走る場所によって細かく設定が出来たりします。
オフロードをしっかり楽しむのではできるだけ良いサスペンションがついたバイクをえらびましょう。

フルサスペンションモデルについて

マウンテンバイク フルサスペンションモデル

マウンテンバイクにはフロントだけでなくリアにもサスペンションがついているフルサスペンションモデルもあります。ちなみリアサスがないものをハードテイルと呼びます。 比較的段差がすくないところであればハードテイルの方が軽くなりスピードも出ますが、岩場や段差がたくさんあるトレールコースではフルサスモデルがおすすめ。フルサスモデルはリアホイールが地面から離れないようにリアにサスペンションがついていおり、しっかりバイクをコントロールできるようになっているのです。 ちょっと値段がたかくなったり、サスペンションの調整など手間がかかりますが、メリットの方が大きいので初心者の方こそのっていただきたい。 

29インチ、650B。2種類のホイールサイズ

29インチホイールのマウンテンバイク

29インチホイールのメリット

クロスカントリーなどマウンテンバイクのレースでも定番になった29インチホイール。
ホイールサイズが大きくなると岩などの段差も簡単に乗り越えることができ、また慣性もはたらきやすくなるのでスピードの乗りも抜群。
タイヤの接地面も大きくなるのでグリップも上がりますし、空気量も増え乗り心地も良くなります。
29erの魅力はやはりスピード。レースシーンでも活躍してくれますが、街乗りでも気持ちよく走れます。

27.5(650b)のマウンテンバイク

ホイールサイズ650Bのメリット

この数年急速に勢力を伸ばしているのが650b。デビュー直後からレースシーンで結果を出し多くのメーカーでも650bMTBを販売しています。
26インチよりも大きく、29インチよりこぶりな中間のサイズになります。26インチに比べ走破性・スピード感に優れ、29erが苦手とするハンドリングや機敏さを兼ね揃えています。
狭い山道など操作性を必要とする場所をメインに走るのであれば650Bがおすすめ。

ディスクブレーキは欠かせない。

TREKマウンテンバイク ディスクブレーキの制動力

ディスクブレーキは少ないレバー操作で強力な制動をうみ、オフロードなど過酷な環境でもしっかりスピードコントロールが可能です。 オフロードと言っても下りではかなりスピードがでますし、山道などでは道幅も狭いのでしっかりバイクをコントロールできなければいけませんので、ディスクブレーキはマストアイテムなのです。 ディスクブレーキはワイヤ式と油圧式の2種類ありますが、最近では入門モデルでも油圧式を採用される事が多いのですが、油圧式の方が制動力が強いので本格的にMTBを楽しむのであれば欠かせません。

マウンテンバイクのおすすめフィールド

富士見パノラマ

富士見パノラマスキー場MTBのページへジャンプ 画像をクリックするとHPにジャンプします。

毎年GW直前から11月初旬まで、MTB専用コースがゲレンデ内に登場。初心者向けから本格ダウンヒルコースまで多彩なコースで楽しめます。

ふじてんリゾート

ふじてんリゾートMTBのページへジャンプ 画像をクリックするとHPにジャンプします。

都心より90分とアクセス良好。標高1300メートルと真夏でも涼しい富士山麓にひろがる、美しいロケーション。コースもバラエティーに富んでいます。

ページの先頭へ戻る

最新ブログ

三原山で記念撮影

輪行サイクリング紀行

2016/12/20

フェリーで輪行サイクリング~伊豆大島~【後編】

多摩センター店の飯塚です。
今回から伊豆大島の絶景サイクリング風景をご紹介していきます。
サイクリング天国と言われる伊豆大島、気楽なコースと思いきや実はハードな世界!?
そして最後に衝撃の結末が!

年末年始のご案内

お知らせ

2016/12/19

年末年始の営業ご案内

バイクプラス全店の年末年始営業日程のご案内です。 年末年始サイクリングに出掛ける方は、この機会に愛車の点検をお忘れなく!

竹芝フェリー乗り場

2016/11/27

輪行サイクリング紀行

フェリーで輪行サイクリング~伊豆大島~【前編】

多摩センター店の飯塚です。
今回はフェリーを使って、伊豆大島へ輪行サイクリングに出掛けてきました!
車の交通量が少なく、絶景なロケーションが満載のサイクリング天国と呼ばれるほどの走りやすい!
っと蓋を開けてみたら現地で思わぬ事態に!?

スタッフ飯塚

2016/11/26

How to 〇〇

マドン9でも輪行できる!?スタッフが実践した裏技を公開しちゃいます!

トレック(TREK)のかっこいいいエアロロードバイク「Madone 9」が欲しいけど輪行ができなそうと思って諦めている方に朗報です!スタッフが実際に伊豆大島までマドン9を輪行した方法を公開します!
いったいどのようにマドンを養生して輪行袋に入れて持ち運ぶのか? ご興味のある方はぜひご覧ください。ただ、あくまでも自己責任でお願いしますね♪

マドン9ユーザーの皆様も輪行でいろんな場所へ行けるようにしたいという思いからチャレンジしてみました。わからないところがあれば、ぜひ店頭でお声掛けください!

スタッフ
飯塚

富士五湖 富士急行 快速富士山 輪行

2016/11/11

輪行サイクリング紀行

輪行でゆく!食欲の秋と紅葉の山中湖

秋も深まってきたので、運行日限定の臨時列車に乗って、富士五湖の山中湖へもみじ狩りに行って来ました。

季節限定の便利な臨時列車を使って、富士五湖へもみじ狩りサイクリングに行って来ました。
なんと700m以上の高度を鉄道で上ってからのサイクリングで、初心者の方にもおすすめのコースです(笑

スタッフ
河井孝介

2017年モデル入荷! 2016年モデルSALE開催中!!

SALE価格にて!! TREK(トレック)1.2 ボルトグリーン

¥129,000→¥103,200(税込)

TREK(トレック) 1.2 2016年モデル voltgreen

休日のサイクリングだけでなく、日々の移動手段、泊まりや日帰りのツーリングなど幅広い使い道ができるアルミロードバイクです!

スタッフ
飯塚

関連リンク

取り扱いマウンテンバイク一覧へGO!

取り扱いマウンテンバイク一覧へ

当店で扱っているマウンテンバイクの一覧へGO!

  • プロジェクトワンキャンペーン開催!
  • TREK 2017年モデル入荷!
  • トレック2016年モデル処分セール開催!!
  • 新型ドマーネ特集
  • バイクプラス多摩センター店の講習会スケジュール
  • お客様の声

ページの先頭へ戻る